CASES

導入事例

金属製品メーカーF社

日本語研修

背景

外国人社員の採用に伴い、業務研修と並行して日本語を学ばせる必要性が出てきた。国籍も日本語の学習経験も異なる複数名の外国人スタッフに対して、効果的に日本語研修を実施したい。

CTSソリューション成果

スピーキングチェックとニーズヒアリングをおこなった後、個人のレベルと目標に応じたカスタマイズプログラムを策定。
就業時間内に一人あたり3時間x50回 合計150時間の日本語研修を実施しました。日常的な聴き取り、会話はほぼマスターし、レベルに応じて日本語能力試験 N4、N5レベルに合格しました。

受講生の声

「基本的な動詞、形容詞の活用や助詞などの文法項目について理解を深め、 日常的な会話でも使えるようになりました。 日常業務で継続して使用することにより、読解力、聴解力の伸びもさらに期待できます。」